お問い合わせ

外傷(トラウマ)

転倒、転落、衝突など外的要因により受傷した骨折の治療をサポート。骨接合材料のプレート、ケーブル、ピンなどを提供しています。骨折には、適切な整復固定とともに、運動機能を極力妨げず、早期のリハビリをめざせる治療が重要です。患者様のQOL改善に寄与する視点での製品開発は大きなテーマの1つであり、固定・抜去など一連の施術に配慮した製品開発を行っています。

 

なおインプラントを有効に使用していただくため、インスツルメント(手術用器械)の開発にも力を注いでいます。これは以下の分野にも共通する取り組みです。

AIワイヤリングシステム

AI-ワイヤリングシステムは、柔軟で高い引っ張り強度を持つケーブルとスリーブボックスを一体化することで優れた固定性を得ることができ、幅広い適応性を持つ骨端部固定システムです。 症例に応じてチタン製、ステンレススチール製を選択できます。

 

 

適応

大転子及び骨幹部の固定・膝蓋骨骨折・肘頭骨折・足関節内果骨折の固定

 

特長

ケーブルとスリーブボックスを圧着することで得られる優れた固定性

  • マルチフィラメント構造を持つケーブルの高い引っ張り強度による強固な固定性、高い柔軟性による術中の優れた操作性を特徴とし、スリーブボックスを圧着することで優れた固定性を得ることができます。
  • 従来のtension band wiring術後に散見される鋼線のback-outや、折損によるトラブルの回避に貢献します。

 

軟部組織の刺激の低減に貢献するロープロファイルインプラント形状

  • ロープロファイルのスリーブボックスやスリーブ面と同じレベルで折り取ることができる把持部は軟部組織への刺激の低減に貢献します。

 

簡便で確実な操作性をもたらす専用インスツルメント

  • 専用のインスツルメントはオペレーションの簡便化、確実な操作に貢献します。

 

 

 

ケースレポート・手技書

スコーピオンネオ

スコーピオンネオは、前後のアームとスクリューで鎖骨の遠位骨片を固定でき、肩鎖関節を跨がないため、術後早期に良好な可動域獲得が期待できる、優れたプレートシステムです。

 

 

適応

鎖骨遠位端骨折

 

特長

強固な固定力

  • 前後のアームとスクリューにより、遠位骨片を強固に固定します。

 

ユニークなデザイン

  • 鎖骨(遠位端)の形に合わせた、アナトミカルな形状をしています。

 

早期のリハビリが可能

  • 肩鎖関節の運動機能を妨げないシステムです。

 

 

 

ケースレポート・手技動画

PAGETOP