お問い合わせ

股関節

股関節手術における人工関節置換や大転子締結などで高いご評価を頂戴しています。

ヒップフォートレス-ND (HIPFORTRESS-ND)

セルフロッキング原理に基づいたテーパーデザインにより、埋植が容易で術後早期の回旋や沈み込みに対する安定性が高く、ハイグレードチタンプラズマスプレーコーティングとHAコーティングのダブルコーティングにより、骨伝導能に優れ、初期固定性の向上が期待されます。

 

 

適応

突発性大腿骨骨頭壊死症、大腿骨頚部骨折等で股関節機能の再建を目的として人工骨頭挿入術等が必要と判断されたケース

 

特長

セメントレスステム

  • ミニテーパーを採用:可動域を確保し、インピンジメントのリスクが減少します。
  • ネック部はポリッシング加工されたデザイン:ウエアデブリスを低減できます。
  • ロッキングステップは、海綿骨内の剪断応力を最小化、圧縮荷重を最大化させるステップ形状のデザインです。
  • チタン母材に、チタンプラズマスプレーコーティングとHAコーティングの、ダブルコーティングが施されており、骨との固着が促進されます。

 

セメントステム

  • ステムサイズに応じたプロポーショナリーなカラーが付いたデザインです。
  • 小さめのカラーを採用することで、インピンジメントのリスクが減少します。

 

スナップフィット

  • セルフロッキング方式を採用する事で、容易に徒手的に組み合わせることが可能です。
  • 確実なセルフセンタリングを実現しました。
  • 外径38mmから56mmの幅広いサイズバリエーションとなっています。
  • ネック長は4サイズから選択可能です。
  • 簡単な組み立て操作で容易にお使いいただけます。

 

 

 

ケースレポート・手技書

AIワイヤリングシステム(チタン)

人工股関節置換術や関節温存骨切り術等における大転子の固定及び締結システム

 

 

適応

大転子及び骨幹部の固定・膝蓋骨骨折・肘頭骨折・足関節内果骨折の固定

 

特長

ケーブルとスリーブボックスを圧着することで得られる優れた固定性

  • 7×7のマルチフィラメント構造を持つケーブルの高い引っ張り強度による強固な固定性、高い柔軟性による術中の優れた操作性を特徴とし、スリーブボックスを圧着することで優れた固定性を得ることができます。
  • 従来のtension band wiring術後に散見される鋼線のback-outや、折損によるトラブルの回避に貢献します。

 

軟部組織の刺激の低減に貢献するロープロファイルインプラント形状

  • ロープロファイルのスリーブボックスやスリーブ面と同じレベルで折り取ることができる把持部は軟部組織への刺激の低減に貢献します。

 

簡便で確実な操作性をもたらす専用インスツルメント

  • 専用のインスツルメントはオペレーションの簡便化、確実な操作に貢献します。

 

 

 

ケースレポート

PAGETOP